株式会社オフィスまめかな |六代目三遊亭円楽・桂歌丸・桂雀々・三遊亭竜楽・三遊亭愛楽・三遊亭全楽・三遊亭王楽・柳家三三・古今亭菊志ん・柳貴家正楽・柳貴家小雪・三遊亭楽大・母心・嶋川武秀・オカン・関あつし・久保田吟水・中邑真輔|

株式会社オフィスまめかな
 
本   名     柳井 淳嘉 (やない・あつよし)
生年月日
    昭和33年(1958年) 9月12日
出   身     群馬県
学   歴     中央大学法学部卒業
趣   味     狂言(野村万之介門下)、歌舞伎
文楽、映画鑑賞
       
昭和61年(1986)
1月
  三遊亭円楽に入門
平成元年(1989)
3月   二つ目に昇進
平成4年(1992)
10月   真打ちに昇進
平成3年(1991)     『にっかん飛切落語会若手落語家奨励賞(努力賞)』受賞
平成4年(1992)     同賞を連続受賞
平成5年(1993)     『花形演芸会・銀賞』受賞
平成13年(2001)     『花形演芸大賞銀賞』受賞
日本テレビ「笑点」の「若手大喜利」等に出演
TBSドラマスペシャル「紅い稲妻・人見絹技」出演
中央大学学員講師として各地で公演を行う
FMラジオ「暮らしQ&A」でパーソナリティを務め、脚本も担当。
平成22年(2010)サガテレビ『スイーツ!南蛮渡来の甘ーいお噺』に出演しポルトガル語落語を披露。
番組はフジテレビ系列で全国放送された。
平成23年(2011)日本経済新聞文化欄に「6カ国語落語の話を一つ」と題し寄稿。
平成24年(2012)英語落語が文部科学省のポータルサイトで紹介される。
平成25年(2013)WOWOWの番組「ノンフィクションW」がヨーロッパ公演に密着。
「世界よ、これが日本の落語だ!三遊亭竜楽ヨーロッパ落語道中」のタイトルで放送された。
平成26年(2014)BSフジで、外国語落語の語りや小噺を披露する
「三遊亭竜楽の七か国語RAKUGO」が放映された。(11月から12月の毎週日曜日)
   
[テレビ]
WOWOW「ノンフィクションW」、BSフジ「三遊亭竜楽の七カ国語RAKUGO」「ジャパコンTV」
日本テレビ、「BS笑点特大号」「ぎゃっぷ人」
[ラジオ]
文化放送の「くにまるジャパン」、日本放送「垣花正のあなたとハッピー」、
NHKラジオ第一「すっぴん!」、同「ラジオ深夜便」、TBSラジオ「オレーラ」、J-WAVEなど。
[新 聞]
朝日新聞・読売新聞・東京新聞・日本経済新聞・産経新聞・共同通信・時事通信・
日刊スポーツ・デイリースポーツなど。
平成20年(2008)フィレンツェ・フェスティバルジャポネーゼでイタリア語落語を演じたことが
きっかけとなり、字幕・通訳無しの現地語口演を始める。
毎年ヨーロッパ数か国を訪れ、7か国語落語を達成(日本語、英語、イタリア語、フランス語、
スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語)。今までに7か国30都市で約100公演を行っている。
会場はパリ日本文化会館・ローマ日本文化会館・ベルリン市庁舎ホール・ミラノ大学、
ボローニャ大学・ライプツィヒ大学、マドリード国際交流基金など多数。
「2か月の準備期間で世界中どの国でも現地語公演を行う」がモットー。

2014年は、フランスのアヴィニヨンで開かれた世界最大級の演劇祭であるアヴィニヨン
フェスティバルに全日程の25日間参加。秋には初のアメリカ公演を成功させた。
これまでに、8か国35都市を訪れ、130回以上の公演を行っている。
「笑いとコミュニケーション」「経営に役立つ面白落語講座」「日本の笑いが世界を駆ける」などの
タイトルで、企業・学校・一般向けに講演を行う。要望によりテーマに合わせた落語を実演する。
日本放送作家協会会員
日本脚本家連盟所属
「笑い!がわかればあなたは変わる」(実業之日本社)
「落語歳時記〜らくごよみ」(朝日文庫)
朝日新聞夕刊にて平成19年より「らくごよみ」を連載中
真言宗智山派発行「生きる力」に「ごくらくらくご」を連載中
『三遊亭竜楽1』(ワザオギレーベル)
『三遊亭竜楽2』(ワザオギレーベル)
『三遊亭竜楽の7か国語落語〜味噌豆編』(スロウボウルレコーズ)
『三遊亭竜楽の7か国語落語〜酔っぱらい編』(スロウボウルレコーズ)
『落語笑笑散歩 第3巻 〜隅田川下り遊々〜』
(ソニー・ミュージックダイレクト)
「三遊亭竜楽の七カ国語RAKUGO」(スロウカーブ)
                 
         
落語家 三遊亭竜楽ウェブサイト
株式会社オフィスまめかな